そもそも英語脳は誰もが持っている|札幌・横浜・名古屋・大阪・オンライン英会話に展開するAtlasマンツーマン英会話の語学学習コラム・スタディライフ
トップロゴ
 
 
ホーム
余白
コラム  

 

お申し込みフォーム
問い合わせ
求人情報
Need Teachers ASAP
会社概要
会員様の声や体験談
アトラスオリジナル動画
全国のランゲージスペース(LS)一覧
線
リストマーク札幌駅前LS
札幌市中央区北4条西3丁目1
札幌駅前合同ビル9F(札幌駅直結)
電話: 011-211-0492
線
リストマーク札幌大通LS
札幌市中央区南1条西5丁目7-2
豊川南1条ビル7F(大通駅徒歩3分)
電話: 011-210-9990
線
リストマーク横浜LS
横浜市西区北幸2丁目1-6
鶴見ビル2F(横浜駅西口徒歩3分)
電話: 045-313-1517
線
リストマーク名古屋駅前LS
名古屋市中村区名駅南1丁目17-25
アスタービル7F(名古屋駅徒歩3分)
電話: 052-581-8444
線
リストマーク名古屋栄LS
名古屋市中区栄3丁目7-9
新鏡栄ビル9F(栄駅徒歩3分)
電話: 052-265-9166
線
リストマーク大阪梅田LS
大阪市北区芝田2丁目7-18
オーエックス梅田ビル7F
(梅田駅徒歩3分)
電話:06-4256-7190
線

 

 

6.そもそも英語脳は誰もが持っている


英語学習に意欲的な方は、「英語脳」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。もし聞いたことがなかったら本屋さんの英語コーナーに行ってみてください。
 

「英語脳」に関する書籍がたくさん並んでいます。 「英語脳の作り方は○○」 「英語脳を作るには○○をすればOK」 「○○して私は英語脳を作ることができました」 このようなタイトルの本がたくさんあります。 「私も英語脳を作りたいのですが、やり方がわからなくて・・・」 なんて思っている人が多いかと思います。
 

もし、そう思っているならあなたは誤解しています。何を誤解しているかと言えば、英語脳は作る必要はないということです。もし英語を得意にしたいと思ったら、これだけは頭に入れておいてください。
 

英語脳は作るものではなく、鍛えるものだということです。なぜあえてこのようなことを伝えているのかというと、多くの人が英語脳を誤解しているからです。みんな英語脳は持っています。持っていて、あとはどのように鍛えるかです。
 

つまり、鍛える方法さえ知っていれば、どんどん英語脳が発達していくわけです。筋トレと一緒で、英語の筋肉を鍛えるイメージです。実は、バイリンガルの人の脳を調べた実験がありました。その実験によると、第一言語(母国語)を扱う時と、第二言語(母国語以外)を扱う時で、それぞれ異なる脳の部分が活性化したそうです。
 

このように、扱う言語によって脳の活性化する部分が違うことが分かります。つまり、英語脳は皆持っているけれど、普段使って鍛えてないから活性化しないわけです。逆に言えば、普段使われていない英語の脳を鍛えて活性化させれば英語は話せるようになります。
 

実際に、先ほどの実験とは別に英語の得意な学生と苦手な学生の脳の違いを調べた実験によると、英語の点数が高い日本人学生は、英語を処理する時に英語専用の脳で考え、英語が苦手な学生は、日本語を処理する脳で考える、ということが分かっています。
 

英語が得意な学生は、英語脳を活性化させているわけです。 ということで、英語脳の鍛え方について説明していきます。具体的な鍛え方を3つ紹介します。
 

1.音読
 

英語の先生なら誰もがすすめる音読ですが、英語脳を鍛える上で良いトレーニングです。実際に、TOEIC高得点保持者はほとんどが音読をして成果を挙げています。では、どうして音読がいいかというと、英語を頭から読むことができるからです。
 

学校などで英語を学習すると、訳す時に後ろから訳すことが多いかと思います。しかし、実際の英語は後ろから訳すのは非効率で、場合によっては不可能です。例えば、リスニングをする時に後ろから訳すことなどできません。
 

音は文字と違って消えてしまいます。どうしても、頭から聞くことしかできません。また、話す時も後ろから話すことなどできません。音読をすることで自然と英語を頭から使う状況になるわけです。ちなみに、音読に使う素材は、内容を100%理解しているものが良いでしょう。
 

学校の教科書でも構いません。強制的に英語を頭から読んで英語脳に負荷をかけて鍛えます。
 

2.英語の本を辞書を開かずに読む
 

2つ目の鍛え方は、なかなかハードな作業ですがとても効果があります。やり方はまず、英語の本を1冊用意してください。そしてそれを読みます。その際、わからない単語があっても辞書を絶対に使ってはいけません。
 

これには理由があります。辞書を使わずに読むことで、日本語が入る余地がまったくなくなります。そうすることで、強制的に英語を英語で考えるしかならない状況に追い込まれますまた、わからない単語が出てきても辞書を使ってはいけないルールがあるので、未知の単語を周りの英文の文脈から判断します。
 

これで、英語脳を追い込み、活性化することができます。ちなみに、用意する英語の本ですが内容が7割程度わかるものが読めて良いでしょう。
 

3.英英辞書を使う
 

3つ目の鍛え方は、割と上級者向けです。知らない単語を調べる時に、英英辞書を使ってみてください。英単語を英語で理解することができる英英辞書は、英語の本を辞書を開かずに読む方法と同じく、日本語の入る余地がまったくありません。英語脳を極限まで追い込めます。英語脳を鍛えることで、英語学習のスピードは飛躍的に早くなります。
 


5.あなたに合ったオリジナルの単語帳をカスタムメイド INDEX 7.実は、英語力よりも日本語(国語力)

Copyright (C) 2001-2016 Atlas Corporation. All Rights Reserved.