あなたに合ったオリジナルの単語帳をカスタムメイド|札幌・横浜・名古屋・大阪・オンライン英会話に展開するAtlasマンツーマン英会話の語学学習コラム・スタディライフ
トップロゴ
 
 
ホーム
余白
コラム  

 

お申し込みフォーム
問い合わせ
求人情報
Need Teachers ASAP
会社概要
会員様の声や体験談
アトラスオリジナル動画
全国のランゲージスペース(LS)一覧
線
リストマーク札幌駅前LS
札幌市中央区北4条西3丁目1
札幌駅前合同ビル9F(札幌駅直結)
電話: 011-211-0492
線
リストマーク札幌大通LS
札幌市中央区南1条西5丁目7-2
豊川南1条ビル7F(大通駅徒歩3分)
電話: 011-210-9990
線
リストマーク横浜LS
横浜市西区北幸2丁目1-6
鶴見ビル2F(横浜駅西口徒歩3分)
電話: 045-313-1517
線
リストマーク名古屋駅前LS
名古屋市中村区名駅南1丁目17-25
アスタービル7F(名古屋駅徒歩3分)
電話: 052-581-8444
線
リストマーク名古屋栄LS
名古屋市中区栄3丁目7-9
新鏡栄ビル9F(栄駅徒歩3分)
電話: 052-265-9166
線
リストマーク大阪梅田LS
大阪市北区芝田2丁目7-18
オーエックス梅田ビル7F
(梅田駅徒歩3分)
電話:06-4256-7190
線

 

 

5.あなたに合ったオリジナルの単語帳をカスタムメイド


英語学習に意欲のある人は、英文法を真剣に勉強しています。とても立派なことです。ですが、文法をどの程度学習すれば、英語は話せるようになるのか知らない人も多いのではないかと思います。
 

英会話において必要な英文法のレベルですが、中学英文法です。英語を話すために文法を勉強するのであれば、中学英文法を完璧にすれば十分です。実際に、英会話の8割は中学英文法でカバーできると言われています。
 

逆に、大学受験に出てくるような意味のわからん関係代名詞とか仮定法過去完了なんて会話で使うのは難しく、聞いてる方も理解ができないことがあります。英語を話すという目的であるならば、中学英文法で十分です。
 

さて、その中学英文法ですが、学習法としてはTOEIC600点を目指す勉強がいいかと思います。実は、TOEIC600点というのは英語の土台になる点数です。そして、600点を取るために必要な文法も同じく中学英文法になります。具体的な勉強法は何か一冊中学英文法の問題集を買って学習するのもいいですし、無料で動画授業なんてのも見てもいいかもしれません。
 

単語帳は買ってはいけない
 

英語を勉強しようとなった時に、多くの人がまず買うものが単語帳です。そして、本屋さんに行ってみるとたくさんの単語帳があり、どれを買ったらいいのかまるで見当がつかないと思う人が多いかと思います。
 

しかし、あなたに合うベストな単語帳なんて本屋さんに売っているわけがないんです。なぜなら、あなたのレベル・あなたの学習目的・あなたの好みに完璧に合った単語帳なんて存在していないからです。
 

実は、よく勘違いする方が多いのですが、英語というのは一つではないということです。どういうことかと言うと、例えば、あなたは日本語がペラペラだと思いますが医療の専門用語は知らないと思います。私は通訳もしていますができるのは商談通訳だけです。医療通訳や法律関係の通訳はできません。
 

私が言いたいことは、英語もそれぞれ細かい分野があり、その分野の中で使う英語を勉強すれば良いということです。分野を絞って特化すれば良いわけです。では、具体的にどうすれば良いのかと言うと、あなたに合ったオリジナルの単語帳をカスタムメイドすることです。オリジナル単語帳を作るメリットはたくさんあります。
 

1.学習目的に特化した単語帳を持てる
2.必要に応じて作った単語帳なので、必要性が広がりモチベーションも保てる
3.自分の好みの文字の大きさにできるなど、使いやすく工夫できて楽しい
4.自分で手を動かして単語を書くため、記憶に残りやすい
5.単純に安い!余ったお金でウホホーイと豪遊できる!
 

などなど、メリットがたくさんあります。こんなに、メリットがあるんだから、作る他ありませんよね!
 

ということで、オリジナルの単語帳の作成ですが、まずはノート1冊用意してください。できれば200ページほどの大容量のノートがおすすめです。なぜなら、基本的に、勉強のルールとしてあらゆる情報は1つにまとめるのが最も効率的だからです。
 

200ページあれば、おそらくどんなに単語を書き込んでも情報を1つにまとめられます。最終的には単語だけでなく、学んだ英文法をまとめるのにもこのノートを使うと効率がいいです。ところで、学生の時に、色々なプリントを配られ、試験前に勉強する頃になってプリントの整理をし始めた経験はありませんか? あれはまったくの無駄です。
 

情報を1つにまとめて、すぐに必要な情報を出せるように、まずは1冊の大容量のノートを使いましょう。 ノートを用意したら実際にオリジナル単語帳を作ります。 基本的には次の3つのステップで完成です。
 

【ステップ1.どこで英語を使いたいのかを明確にする】
 

まずは、「自分はどこで英語を使うのか」目的を明確にしておくことです。例えば、ビジネスミーティングのためなのか、海外出張のためなのか、旅行でショッピングがしたいのか、英語の歌を英語で歌いたいのか、外国人をデートに誘いたいのかなど。
 

これは、自分に合った単語帳を作るためにはとても重要になってきます。 だって、気になる外国人男性をデートに誘うために英語を使うはずだったのに、ビジネスの英単語を学んでも意味ないですよね。 デートではなく仕事したいのならいいですが。
 

【ステップ2.用途にあった必要な日本語(単語)を書く】
 

次に英語で行いたいことをする際に使う日本語をノートにすべて書きます。 自分の想像力を働かせて、旅行でショッピングをする時、今は財布が欲しいから、「財布」という日本語を書いておく。値引きもお願いしたいから「値引き」なども。 そうやって、自分が使うだろうなと思いつく日本語(単語)すべてを書き出しておきます。
 

【ステップ3.書いた日本語(単語)のとなりに英語訳を書く】
 

書いた日本語(単語)の意味を和英辞書またはGoogleで調べて、英語をとなりに書きます。 例えば、財布と日本語を書いたのであれば、その単語のとなりにwalletと書くイメージです。 以上3つのステップでオリジナル単語帳を作成していきましょう。 さて、オリジナル単語帳を作ることのメリットや、単語帳作成の3つのステップを解説してきました。 最後に、やる気のある人向けのことを紹介します。
 

ビジネス英単語を覚えたいという人は多いかと思います。 その時におすすめなのが、TOEICの公式問題集です。TOEICの公式問題集はビジネス英語を学ぶ上でとても万能な教材です。公式問題集には問題と解答で冊子が分かれていますが、解答冊子の方に頻出単語と意味が載っています。これを使わない手はありません。
 

解答冊子の知らない単語と意味をすべてオリジナル単語帳に書き込みましょう。 知っている単語は書き込む必要はありません。 知っている単語まで書くと、単語帳を作る意味がありませんからね。ちなみに、ノートに単語と意味を書くときは青ペンで書くことがオススメです。
 

受験勉強界で有名な勉強法の1つに「青ペン学習法」があります。これは、早稲田塾創業者の相川秀希さんが考案した方法で、暗記をする時にひたすら青ペンで書くというもの。実は、この青ペンで書く方法はかなり科学的なんです。
 

というのは、人がものを覚える時というのは、ガッツリ集中している時よりもリラックスしている時なんです。 人がリラックスする瞬間は色々ありますが、その1つに青い色を見ている時があります。つまり、 青ペンで書く→リラックスする→青い字で書かれたものを覚える となります。ぜひ、オリジナル単語帳を作る際に青ペンを使って書いてみてください。
 

ということで、オリジナル単語帳を作るメリット、単語帳の作り方を説明しました。作ったオリジナル単語帳はいつも持ち歩いて何度も読み返してください。以下、単語帳についてのまとめです。
 

a.英単語はオリジナル単語帳を作って覚える

b.どんな単語を覚えるべきか知るために英語学習の目的を再確認する

c.ビジネスにはTOEIC公式問題集の解答冊子の単語がおすすめ

d.青ペン学習法は試してみる価値あり
 


4.ディクテーションとシャドーイングの方法 INDEX 6.そもそも英語脳は誰もが持っている

Copyright (C) 2001-2016 Atlas Corporation. All Rights Reserved.